« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

電源ケーブルの罠

長い事、自作PCをやっていても、トラブルは必ずあるもの。^^;

思えばPC9801の頃からやっているので、随分と経ったものだ・・・15年以上やっているのか・・・。趣味なので止める事はないし・・・。^^w

今回のトラブルは原因を突き止めるのに随分と長い時間が掛かってしまった。不具合の発生はWindowsからの書き込み遅延のワーニングエラーが始まりだった。もう昨年の事だった。^^;

このエラーはそのままの事で、ハードディスクへの書き込みの際、通常より遅延しているというもの。

勿論、HDDは二桁は買い替えしているので、この程度のエラーは初めてではない。^^w

通常、このエラーがでると次第にHDDの調子がおかしくなってくる。気をつけていれば異音が大きくなってきたりと、ヤバイのがよくわかる事も多い。この時は余裕があったので、早速ディスク内のデータを他のHDDへバックアップし、新しいディスクに交換する事にした。^^

近年、HDDは安くはならないが容量は格段に増えてきている。調子に乗って新しいHDDはMaxtorDiamondMax Plus 9 (6Y250M0)を二個のRAID構成にする事にした。この理由は簡単で、500GのHDDを買うより、250Gを二個の方がはるかに安く、しかもRAIDで高速アクセスが可能になるメリットがあるからだ。デメリットは場所と電力とどっちかが壊れたときの悲惨さである。^^w

以前にも大変な思いをしたにもかかわらず、RAIDの魔力に魅せられてしまうのは自作やっている人には多いのではないだろうか。^^;

ということで、バックアップを取り、新しいHDDを付け替えてシステムを構築しなおした。データドライブとして利用しているHDDなので、データのコピー時間はかかるが簡単である。^^ この時は難なくPCは復活したかのように見えた。^^w

外した壊れそうだ思われるHDDは壊れるまで使いつぶそうと別のPCへ取り付けた。すると、しばらく使っていても特に問題がない事が判明。ここで私は勘違いをする事となってしまった。^^;

壊れたと思ったHDDのATAケーブルの接触が悪い事が以前あり、ATAケーブルの取替えで復活した事を思い出し、今回もATAケーブルの接触が悪く、書き込み遅延のエラーが出ているのだ思ってしまったのだ。この事から今回はHDDが増えただけですんだと勘違いしたしまった。^^;

そして・・・。^^ 今年に入り、HDDの交換をしてから二ヶ月も経たないのにまた同じエラーが出始めた。>< HDDはコトンコトンと嫌な音もする事がある・・・。

交換したばかりで、RAID構成で、容量も大きくしたので、またバックアップとって交換はさすがにする気がおきず、私は騙し騙し使い続ける事を選択した。^^w エラーはずっと出続けている訳ではなかった為だ。データサーバー利用で、エラーがでてもリブートで回避できてしまうし、通常は他のPCを使っているので、まぁいいやとほっておいた。^^w

そして、最近、よく考えてみると、エラーがでているドライブは、実は同じ電源ケーブルを使っているという事にやっと気がついた。^^; フルタワー利用でHDDはスマートドライブ入れの4個利用筐体内じか置きなので、電源ケーブルは延長で四つ又を使っていたのだ。^^

普通、こんな構成で電源ケーブルを理由もなく交換する人はなかなかいないであろう・・・^^ 面倒だし・・w 電源本体を交換する事もあったが、この四つ又は交換なんて考えてもいなかった。^^;

電源ケーブルの断線なのか・・? 突然思いついた原因究明は、この電源ケーブルの交換であっけなく解消してしまった。^^;数百円でする所にいったいいくら使ったのか・・。^^w

まさか、電源ケーブルが原因だとは予想していなかった。^^; 完全に断線していれば動作はしないはずなので、半端な状態でずっと使えていたようだ・・。;;

このあっけない結末には笑うしかない・・・^^w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

水道のトラブルw

流しの蛇口がやけに硬くなってきたので、対処するように嫁さんに言われていたのだが、すっかり後回しにしていた。^^;

そんな時折、洗面所で我が子のオムツを洗っているとどうも水の流れが良くない・・・。

ごみが詰まっているのかと、ゴミ取りを取った瞬間、オムツに敷くメッシュが吸い込まれてしまった。><

そして、管につまり水が流れなくなってしまった・・・。><

止むを得なく、大家さんに連絡し、水道屋さんを手配してもらった。;;

その日に内に対処して頂き、最悪の事態には至らずにすんだので良かったが、なんたる失敗><

水道屋さんからのアドバイスメモ

蛇口が硬くなるのは、一般にはパッキンが古くなっているというのが定説だが、実際にはやや古い家だと錆によってできる隙間による影響のケースが多いらしい。

この対処として、すぐにパッキンを交換するのではなく、かなり多く水をいっぺんに出し、錆を流してしまうのが有効的との事。

話によると結構これで蛇口が硬くなってしまった場合に元に戻るらしい。^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

多摩川ハーフマラソン 2006

多摩川ハーフマラソン 2006

川崎市民マラソンの時から参加し始めて10年以上ねになるが、怪我をした一回を除いてはずっと参加していた。

しかし、今年もエントリーはしたのだが、知人の家まで行ってナンバーカードを忘れた事が判明。いつも晴天が多かったこの大会だが、今年は雨が降っていたので、当日参加も止めて不参加となってしまった。><

可哀想と思ってくれた嫁さんは、大会事務局に連絡して、定番のマラソンTシャツを取り寄せてくれた。w

今年のマラソンはもうエントリーしてないので、来年また頑張ろうと誓うのであった。^^w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

アトピー性皮膚炎

我が子が誕生し、三ヶ月を迎えようとしている。

最近、発疹が少し出てきていると思っていたが、結構酷くなり、腫れて治らない箇所がでてきたので、嫁さんが病院につれていった。

すると、診断結果は「アトピー性皮膚炎」・・・。我が子に限ってなんということだ・・・。^^;

私が花粉症なので、アレルギー体質が遺伝していても可笑しくは無いが、私は皮膚炎の傾向は全く無いので、油断していた・・・。><

これから戦いが始まりそうだ・・・。;;

アトピー性皮膚炎メモ。(ウィキペディアより抜粋)

アトピー性皮膚炎 (英語:atopic dermatitis) とは、皮膚炎症のうち、アレルギー反応と関連があるもの。先天性の過敏症の一種。アトピーという名前は「奇妙な」「原因不明の」という意味のギリシャ語「アトポス」から由来。医学用語としては気管支喘息、鼻炎などのほかのアレルギー疾患にも冠されるが、日本においては慣用的に「アトピー」のみで皮膚炎のことを指すことが多い。

アトピーの初期症状は軽く見過ごされがちであるが、対処を間違えて症状を悪化させる可能性もあり注意が必要である。専門医による適切な治療を受けることが何よりも大切だと言える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »